浮気相手 慰謝料 相場

浮気相手からも慰謝料の請求をすることが可能です!

もしあなたのパートナーが不貞行為をしていた場合にその不貞行為をしていた両者から慰謝料を請求することができます。

 

ちょっと前まではパートナーからの慰謝料請求だけで浮気相手からは慰謝料を請求しないが多かったようです。

  • 話を余計にこじれさせたくない
  • さっさと話を付けて前に進みたい
  • 相手のことなど考えたくもない
  • 離婚をしないから浮気相手に慰謝料を請求するべきではない

 

このように思っている人が多かったのですが最近ではしっかりとパートナーと浮気相手の双方から慰謝料を請求する人が増えているようです。浮気相手に対してもしっかりと慰謝料という形でペナルティーを与えたいというのはもちろんですが、その慰謝料を自分に使ったり子供に使ったりすることで傷を癒そうという気持ちが強いのだと思います。

 

 

当然あなたからすれば悪いことはしていないわけなのでこれは当然の権利と言えるでしょう。

 

気になるのは大体いくらぐらいが浮気相手から請求できる慰謝料の相場なのか?ですよね。

 

これはあくまでも平均の数字なので個々の状況によって変わってくるわけですが、

 

100万円〜150万円

 

というのが浮気相手から請求できる慰謝料の相場です。

 

幅としては少なくて50万円、多い場合で400万円というのが一般的な人の例です。

 

個々の状況によって変わると言いましたが、どのような状況で変動するかというと、
「婚姻期間」「浮気の内容」「相手の収入」「離婚をしたかしないか」などが関係してきます。

 

簡単に説明をすると、

 

婚姻期間については長ければ長いほど請求できる慰謝料の金額は高くなります。
浮気の内容というのは相手が婚姻関係にあることを知っていたか?や浮気をしていた期間などです。
相手の収入というのは極端に言えば全くなければ取ることはできません。
(全くないというのは貯金がないということではなく収入が一切ないという状態です。)
離婚をしていれば慰謝料は高くなりますし、離婚はしていなければ安くなります。

 

これらはあくまでも目安に過ぎません。

 

極端なケースの場合を考えると、相場よりも浮気相手から慰謝料が多く取れたというケースは、
こちら側が探偵を雇って確実な証拠を取り、弁護士を使って慰謝料請求をするパターンで相手が周囲に
バレたり裁判沙汰になることを恐れて示談が成立したり、相手が弁護士を立てずに交渉した場合などは
相場よりも高額な慰謝料を手にすることができる例が多いです。

 

 

一方で最悪なケースを考えると、
自分でかき集めた浮気の証拠をもとに相手に内容証明などを送ったが反応がなく慰謝料請求の裁判となったが
裁判で法的に力を持った浮気の証拠がなく請求が棄却され、反対に慰謝料請求の裁判を起こされるということもあります。

 

 

この二つの例はどちらも極端な例なわけですが、もし浮気相手にも慰謝料の請求をしようと考えているのなら、
普通の感覚ではわからないことも多いと思うのであらかじめ弁護士などの専門家に依頼することをオススメします。

 

手順としてはまず裁判になった時でも使えるような浮気の決定的な証拠を押さえておくことが絶対です。
そのためには探偵を雇うのが一番です。

まずは浮気の決定的な証拠を掴むために探偵に相談してみましょう

浮気の決定的な証拠を掴むために探偵を雇うという段階になると、
費用が高額だったり、探偵と言ってもたくさんあるのでどこに依頼すればいいのかわからない人もいるでしょう。

 

 

確かに探偵を雇うにはそれなりの費用が必要になります。

 

 

しかし、浮気の証拠さえ掴むことができればよっぽどの支払い能力のない相手でない限り、
浮気相手への慰謝料請求だけでも元が取れると言えますし、あらかじめ浮気をしそうな日が
わかっていればその時だけ探偵に動いてもらうことで探偵費用を抑えることができます。

 

 

ある程度は自分で動いて相手の行動を把握することに努めて証拠は探偵に依頼すれば、
調査費用も証拠もしっかりと抑えた上に裁判になった時にも有効な調査報告書が手に入ります。

 

 

探偵を選ぶ際は確実に証拠を掴むためにも一番大事なのは調査力です。
無意味なことは証拠を掴むことができないこと、最悪なのは調査が相手にばれてしまうケースです。

 

 

安さを売りにしている探偵に心を動かされてしまう気持ちはわかりますがそこはグッとこらえましょう。
調査力重視で探偵事務所を選ぶのであれば原一探偵事務所がオススメです。

 

 

全国対応もしていますし、なんといってもテレビ番組への調査協力もしているので調査力は折り紙付きです。
抱えている人員の数や保有している調査機材からも調査力の高さが伺えます。

 

 

人員や調査機材が豊富なので、当日の浮気調査の依頼にも対応できるほどです。
先程も触れましたが、パートナーが浮気をする日があらかじめわかっている場合は調査期間を
短くして依頼をすると、調査費用を安くできる可能性も高くなります。

 

 

相談は24時間年中無休で対応してくれますし、当然無料です。
原一探偵事務所の無料相談はサービスの売り込みではなくまるでカウンセリングのようだと言われていますので、
こういったことは誰にも相談できない人も多いでしょうからまずは相談を受けてみるといいでしょう。

 

 

例えば今あなたの置かれている状況を原一探偵事務所の相談員に伝えれば、調査にいくらかかるのか?はもちろんですが、
浮気相手から取れる慰謝料の金額なども浮気調査の経験を踏まえてアドバイスしてくれるでしょう。

 

 

当然裁判となった際のアフターフォローも充実しています。
そんな原一探偵事務所の調査費用を少しでも安くしたい方は下記の基本料金が半額になるサイトから無料相談してくださいね。

 

>>>原一探偵事務所への相談はコチラ<<<

 

原一探偵事務所

 

 

もし調査費用に関して不安がある場合はいくつかの探偵事務所に見積もりを出してもらうといいでしょう。
浮気調査に定評があって証拠だけではなくその後のフォローも充実している全国対応の探偵事務所です。

 

HAL探偵事務所
探偵社FUJIリサーチ

 

特にHAL探偵事務所では、完全無料のフリーダイヤルを始め、電話はちょっと・・・と感じる人には
匿名で色々と相談できる無料相談窓口、また浮気解決診断シミュレーターなど、
まだ探偵に依頼するかどうか迷っている人に対してアドバイスをしてくれるサービスが充実しているのでオススメです。

 

 

なので浮気調査費用や不倫慰謝料などあなたのケースに合わせて具体的に知りたい場合などに活用してみましょう。
匿名の相談はもちろん、電話番号や住所などを入力しなくてもOKなのでそういう点でも安心できると思います。

 

>>>HAL探偵事務所の無料相談はコチラからできます<<<

 

あなたも浮気・不倫相手から慰謝料の相場よりも高い金額をキッチリと請求して少しでも心の傷を癒してくださいね。

浮気が本気になってしまう前に

探偵に依頼するにしろ、自分で浮気調査をするにしろ、浮気をしたという事実が発覚した場合に、果たしてそれが本気なのか、遊びなのか、という点もその後の展開を左右します。

 

 

実際、ここ数年は芸能人の不倫スキャンダルが大きなニュースになりましたが、そういった関係のニュースでも「浮気じゃなくて本気だった」といった言い訳が目立ちましたよね。

 

 

浮気じゃなくて本気という意味がわからなくないですか?
浮気は浮気、不倫は不倫」ですからね。
浮気をしているパートナーもその浮気相手も本気なら許される風潮が謎です。

 

と、話は少し逸れてしまいましたが。

 

ちょっとした遊びや、魔が差しただけで最終的に自分の元に戻ってくるのなら、
自分が我慢し、二度としないことを約束させた上で復縁したい人は実際多いです。
もちろん、今後の生活や子供のことを考えて離婚という選択肢が得策ではないと思う人もいるでしょう。

 

 

これはこれで辛いものですが、もしパートナーが浮気をしていてその証拠を突きつけた時に、
「浮気相手と一緒になりたい、慰謝料はもちろん払うから・・・」
とこのように浮気相手に本気になってしまっている状態はとても辛いものです。

 

 

体だけの関係ならまだしも、心までも浮気相手に移ってしまうといくら自分が復縁を望んでも
離婚に至ってしまう可能性は限りなく高くなると言えるでしょう。

 

 

では、浮気相手に本気になってしまう原因とはどのようなところにあるのでしょうか?
ちなみにマイナビのアンケートによると実に60%の男性が浮気が本気になると答えているそうです。

 

 

浮気相手に本気になってしまう原因として考えられるのが時間です。
一緒にいる時間や回数が増えれば増えるほどそこには二人だけの関係ができてしまいます。

 

 

普通の恋愛関係においても、なんとなく一緒にいるうちに情が湧いてくる経験をしたことがある人は
多いと思いますが、やはり一夜限りと何度も何度も会っている関係では本気度は当然変わってきます。

 

 

もちろん、浮気相手に本気になってしまう原因は時間だけではなくあなたとの結婚生活に
パートナーが不満を持っている場合も浮気が本気に変わりやすい状況と言えます。

 

 

家庭内でのお互いの関係が浮気や不倫の原因であればあなたの努力によって改善する可能性もありますが、、
浮気相手との関係はどちらかが本気になってしまっていると改善させるのはとても難しいです。

 

ですので、離婚をしたくない場合においては特にですが、パートナー、浮気相手が
本気になってしまう前に関係を絶たせなければいけません。

 

そういった意味でも浮気相手への慰謝料請求によって二度と会わないことを公正証書にして残すの有効です。
仮に浮気相手に本気になってしまって別れるパターンになってしまいそうな場合でも、
浮気相手にも慰謝料を請求するのが、あなたが浮気相手に一矢報いるための唯一の方法と言えるでしょう。

 

そのためには探偵による浮気調査が一番手っ取り早く浮気相手を追い詰めます。

 

>>>原一探偵事務所への相談はコチラ<<<

原一探偵事務所

 


浮気相手に復讐したい

大好きなパートナーにちょっかいを出す浮気相手に復讐がしたいと思っている人は多いでしょう。
当然、犯罪行為を行ってはいけません。

 

それを踏まえた上で浮気相手にギャフンと言わせた復讐ネット上の掲示板や
ブログなどから集めてみたので紹介したいと思います。

 

1・自分の身分を明かさずに浮気相手に接近

浮気相手がまだ自分の存在を知らない時にパートナーの近親者を装って浮気相手に近づき、あらゆる情報収集をして最後にパートナーと三者面談になる場を作り、言い逃れができない状況にしたところで全てを打ち明ける復讐方法があります。

 

昔ロンブーのブラックメールのような修羅場を作り出して精神的にパートナーを追い詰め、浮気相手にも自分の存在を知らしめることで浮気相手のパートナーの気持ちを絶つ復讐方法ですね。

 

重要なのは最後の最後まで自分の感情を押し殺して最後にすべてを吐き出すようにしましょう。

 

 

2・相手の職場に浮気の証拠を送る

果たしてこれが法的にどうなのか?はわかりませんが、浮気相手の職場に連絡をしたり、証拠の写真や文章を送り付けて復讐する人は多いようです。

 

会社以外にも浮気相手のパートナーや家族に浮気を事実をバラすと相手にとってはかなり痛手となるので復讐にはなるでしょう。

 

しかし、場合によっては恐喝や名誉棄損になってしまうケースもあるので要注意!

 

3・慰謝料請求、訴訟提起

浮気相手に対して慰謝料を請求する、もしくは訴訟を提起することも復讐の方法の一つです。

 

訴訟提起をしなくても内容証明郵便などで慰謝料請求をするのも可能ですが、相手が不貞行為を認めない場合や取り合わない場合はしっかりと証拠を用意してからの裁判になります。

 

これはそのままですが、裁判によって認められた慰謝料の金額が不倫相手への金銭的なダメージとなります。冒頭でも紹介したように数十万円〜数百万円と高額になるので不倫相手には大きなダメージになるでしょう。もしすぐに支払えない場合は給与の差し押さえなどもできます。

 

 

以上、浮気相手に復讐をする際の考えられる手段を紹介しました。
浮気相手が憎くてしょうがない気持ちはわかりますが、復習と言ってもくれぐれも度を超えないように注意しましょう。


浮気相手との連絡に使われるツール

浮気を防止するための浮気チェックをする時にあなたならどのような方法を取りますか?
浮気の証拠を集める段階において携帯チェックは大事な情報収集源になりますが、
今の時代、携帯を使わなくても浮気相手と連絡を取るのは容易です。

 

 

LINEや通話履歴のチェックをして痕跡がないから大丈夫と思うのは大間違いです。
むしろ、今のこの時代にLINEや通話履歴で浮気が発覚するほど脇が甘いのはゲスの極みぐらいでしょう。

 

 

では、どのようなツールが浮気相手との連絡に利用されやすいのでしょうか?
まず注意しておきたいのはフェイスブックやツイッターのダイレクトメッセージです。

 

これらはアカウントすらも作り放題のようなものですし、ログインしなければいけないので
浮気相手との連絡用アカウントを作ってメインとは別にしているケースも十分に考えられます。

 

 

次にパソコンのメールです。
Gmailやyahoo!mailなんかもアカウントは作り放題です。
これらのアドレスは捨てアドとしてメールマガジン用にしておくと勝手にメルマガが
大量に受信されますし、その中には出会い系の宣伝も混ざってくるでしょう。
ですので万が一まずいメールが見つかっても「迷惑メールだ」と言い訳しやすい性質もあります。

 

最後にスカイプ
これも無料通話ができるアプリですが、なかなか警戒している人は少ないようです。
むしろ、LINEがあるので必要ないと思っている人も多いと思いますがこのように
警戒心の薄れているツールこそ浮気相手との連絡にはもってこいだったりするのです。

 

 

このように、基本的には浮気相手との連絡に普段使いの連絡手段を使うケースは少ないです。
ましてや現在は様々なツールがあって昔のようにメールアドレスは携帯会社のアドレスだけ、
通話は電話番号のみといった時代ではないのでより注意が必要です。
特に、パソコンで使われるようなサービスには要注意です。

 

スマホのアプリでも最近ではメールの消し忘れを防ぐために設定した時間が経過したら
自動的にやり取りが消去される浮気用のメッセージアプリもありますからね。

 

このような浮気相手との連絡の痕跡を見つけたとしても、慰謝料を請求できるような
証拠にはなりませんが、少なくとも自分の中でクロかシロかを判断する材料にはなるでしょう。